プログレを語ろう!

プログレ、60~70年代ハードロック、その他好きなアルバムを気ままに語っていきます。

AO VIVO

VELUDO の作品。ブラジルのプログレッシヴ・ロック/キーボード・ロック。

歪んだキーボードが底辺を這い回る、いかにもB級臭さの感じるキーボード・ロック。

印象に残るフレーズもあるにはあるが、ライブ音源らしく即興演奏が永遠と奏でられ、CDで聴くとちょっと辛い。

それでも我慢して聴いていると、ラストのボーナス・トラックで光が! リズムがガラリと変わり、サックスも加わり、ハイテンションのラテン・プログレに。最後の一曲で救われました・・・。

AO-VIVO.jpg

『AO VIVO』

(1975年発表)

テーマ:プログレ - ジャンル:音楽

ブラジル |

NÃO FALE COM PAREDES

MÓDULO 1000 のアルバム。ブラジルのサイケ/ヘビー・サイケ。

冒頭からぶっ飛びリズムでスゴイスゴイ。

エコーにまみれたサウンドは、圧倒されるどころか、恍惚感さえ感じる。

ボカールもまた分厚いエコーがかかり、宇宙人からの使者のように無表情に歌う。

けど、単なるノリだけのサウンドに終わらず、ハード・ロック的な“キメ”や“フック”もあり、それほどサイケに馴染んでいない私でも楽しめる。

それほど頻繁には聴かない(聴けない?)けど、ちょっと刺激を、というときにはバッチリの作品。

NAO-FALE-COM-PAREDES.jpg

『NÃO FALE COM PAREDES』
1. Turpe Est Sine Crine Caput
2. Não Fale Com Paredes
3. Espêlho
4. Lem-Ed-Êcalg
5. Ôlho Por Ôlho, Dente Por Dente
6. Metrô-Mental
7. Teclados
8. Salve-se Quem Puder
9. Animália

Luiz Paulo (órgão e Léslie, piano e vocal)
Eduardo (baixo)
Daniel (guitarra, Violão e vocal)
Candinho (bateria)

(1970年発表)

テーマ:サイケデリック - ジャンル:音楽

ブラジル |
| HOME |