プログレを語ろう!

プログレ、60~70年代ハードロック、その他好きなアルバムを気ままに語っていきます。

DIES IRAE

Forumula 3(フォルムラ・トレ)の1st。イタリアン・へヴィ・サイケ。

Formula_3-Dies_Arae.jpg
『DIES IRAE』(1970年発表)

この1st後、非常にクオリティーの高いアルバムを(解散後のソロ作も含め)連発するのではあるが、そのバンドの出発点が、いわゆる“ヘビィ・サイケ”だというのが不思議であった。

ジャケットからもわかる通り、如何にもB級臭さプンプン。ともすれば1枚こっきりで終わりかねないこのサイケなアルバムに、その後良質のアルバムを量産させるインテリジェンスが一体どこに隠されているのかを知りたかった。

んでもって聴いてみると、このバンドの本質は“歌”なんだなと。それは単に“歌が上手い”というわけではなく、メロディーや構成など、どこを切っても“歌”(歌心といってもいい)に溢れている。確かにサウンドはジャケの通りへヴィで荒削りなものではあるが、それを丸め込み、手慣らすかのような歌の統率力にあっぱれ。

奇天烈な衣装をまといながらも、イタリアの最も得意とする“歌”で勝負できるこのスーパーバンド。このバンドの原石がここにある。


1曲目「Dies Irae」


2曲目「Non è Francesca」


8曲目「Sole Giallo,Sole Nero」

イタリアン・サイケ・ハード |

DEDICATO A…

LE STELLE DI MARIO SCHIFANO の唯一作。イタリアン・サイケ・ハード/アバンギャルド。

店頭で、ちょっと視聴したときはパッとしなかったけど、こうして全編聴いてみると結構なへヴィ・プログレ。どうせワケわかんないグルグル・サイケかな?って思ったけど、イタリアらしく、煌びやかさと歌心があります。

やはりこれも、1967年発表という発表年を考えるとかなり先駆的。いわゆる“プログレ”として取り上げる音盤の中では、かなりの古参ではないだろうか。

いろいろな顔があり、決して単純ではない。パンチのある、非常に面白い作品。


2曲目『Molto Alto』


3曲目『Susan Song』 (これは美しい。)

『DEDICATO A…』

(1967年発表)

テーマ:サイケデリック - ジャンル:音楽

イタリアン・サイケ・ハード |

RADIUS

ALBERTO RADIUS (アルベルト・ラディウス) の1st。“フォラム・トレ”のギター・リストで、“フォラム・トレ”在席時に発表したソロ作。イタリアン・ハード・サイケ。

そういえば、イタリアン・ハード・サイケが少ないんだよな。そこでコレ。

ノッケからハード・ギターで面食らい、そのまま歪んだギターでグイグイ押しまくる。その後、サイケなギターによるモロ・ブルース、ジャジーなパートやカオテックなナンバーまで、多岐に渡っている。

けど、一貫しているのは余裕と貫禄。曲の良し悪しを超えた、図太い筋が一本通った、骨太の一枚なのです。

ラストのハードな明るさが、妙に不気味。


4曲目「Prima E Dopo La Scatola」(結構フォラム・トレっぽいね。)

『RADIUS』

(1972年発表)

テーマ:プログレ - ジャンル:音楽

イタリアン・サイケ・ハード |

AN ESCAPE FROM A BOX

CIRCUS 2000 (サーカス・ドゥエミラ) の2nd。イタリアン・アシッド・ロック/サイケ・ハード。

歌も英詞でかなりブリティッシュよりのサウンドではあるが、バタバタドラムとやや粘っこい演奏にイタリアらしさが見られる。

やはり“もろイタリア”を期待し過ぎて、最初聴いたときは期待ハズレの感もあったが、よくよく聴いてみると、引き締まったスリリングな演奏に練られた展開。怪しいコーラスも飛び出しなかなかのもの。

これで歌がイタリア語だったら、なんて思わないでもないが、予想以上に良い作品でした。

へー、こんなジャケットしてたんだ(改めてビックリ…)。

AN-ESCAPE-FROM-A-BOX.jpg

『AN ESCAPE FROM A BOX』

(1972発表)

テーマ:サイケデリック - ジャンル:音楽

イタリアン・サイケ・ハード |

IL LUNGO CAMMINO DEI RAMINGHI/LIVE 1975

RAMINGHI (ラミンギ) 唯一の作品。

サイケの風味を残しつつ、時にはハードに、時にはクラシカルに、時にはグループサウンズのようにいろいろな面を見せる捉えどころの無い面白さ。

まるでアルバムジャケットのように、何が飛び出すかわからないミステリアスな1枚。

ハードかつダークなギターもカッコいい。

割とオルガンもよく響いているので、オルガン・ロックが好きな人にもお勧めです。

なお2枚組みで、もう1枚は1975年のライブであるが、このライブもなかなかいい。テンションの高い演奏で、アルバムの延長として飽きずに聴けます。

ちなみにこのCDは新品で買ったのですが、2枚目最後の7曲目『Incuba』が、CD状態の悪さで最後まで再生できませんでした。皆さん所有のCDはどうでしたか?

20071008234922.jpg

『IL LUNGO CAMMINO DEI RAMINGHI』
1. Donna Hai Ragione Tu
2. La Nostra Verita
3. Cose Superate
4. Partire
5. Every Day Jesus
6. Non Moriremo mai
7. Buio Mondo Nero e Giallo
8. Guarda Tuo Padre

『LIVE(1975)』
1. Dies Irae
2. Guarda Tuo Padre
3. Non e Francesca
4. Rendimi L'anima
5. Mi Svegliai Al Mattino
6. Felicita
7. Incubo

(1972年発表)

テーマ:サイケデリック - ジャンル:音楽

イタリアン・サイケ・ハード |
| HOME |