プログレを語ろう!

プログレ、60~70年代ハードロック、その他好きなアルバムを気ままに語っていきます。

FOUR MOMENTS

SEBASTIAN HARDIE (セバスチャン・ハーディー) の1st。オーストラリアのシンフォニック・ロック。

1曲目はメロトロン大爆発。メロトロンのためにつくりました、とでもいうような、シンフォニックで広がりのある楽曲。

2曲目、3曲目(ラスト)は、泣きのギター炸裂の哀愁サウンド。特に3曲目は、ワン・フレーズでぐいぐい引っ張る(ある意味オージーらしい)“大らかさ”があります。泣きのギターの2連チャンは、いかにも大胆な構成。

でもあまりメロトロン聴こえてこないね。後半2曲も、もっとドバーっと流して欲しかった…。

FOUR-MOMENTS.jpg

『FOUR MOMENTS』

(1975年発表)

テーマ:メロトロン - ジャンル:音楽

オーストラリア |

FOOLS PARADISE

MADDEN AND HARRIS の唯一作。オーストラリアのトラッド・シンフォ。

これは素晴らしい作品、というか世界です。

神秘で甘美な世界。繊細で幽かな世界。

薄っすらとメロトロンが流れ込み、聴き手を楽園(PARADISE)へと誘います。

少女達のコーラスが、あなたを桃源へと誘います(おいでおいで・・・)

FOOLS-PARADISE.jpg

『FOOLS PARADISE』

(1975年発表)

テーマ:メロトロン - ジャンル:音楽

オーストラリア |

AT THE MOUNTAINS OF MADNESS

BLACKFEATHER の1st(?)。オーストラリアのサイケ・ハード/ハード・ロック。

静かな語りから、突如エモーショナルでサイケな展開&エキセントリックなギター。

っと思ったら美しいストリングス・・・。でも、なぜかアラビア風に様変わり(どこ行くの?って感じ・・・)。

っと思ったらハードロックにヘビー・ブルース。悪魔の声に見事な復活劇・・・。

そう、書いてる文章もオカシクなる、見事に不思議な一枚。

AT-THE-MOUNTAINS-OF-MADNESS.jpg

『AT THE MOUNTAINS OF MADNESS』

(1971年発表)

テーマ:サイケデリック - ジャンル:音楽

オーストラリア |

CHOICE CUTS

THE MASTER’S APPRENTICES (ザ・マスターズ・アプレンティンス) の3rd。オーストラリアのハード・ロック。

これは結構カッコいい。一曲目のリフなんて、初めて聴いた時には思わずガッツポーズ。重々しいけど歯切れのあるギター・ワークは、ハード魂をイヤというほどくすぐって来る。

ブリティッシュの煮え切らなさを残しながらも、それでいてアメリカンな骨太のテイストも感じる、まさにこれがオージーの個性か。

この国も奥が深そうです。

CHOICE-CUTS.jpg

『CHOICE CUTS』

(1971年発表)

テーマ:ハードロック - ジャンル:音楽

オーストラリア |
| HOME |