プログレを語ろう!

プログレ、60~70年代ハードロック、その他好きなアルバムを気ままに語っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Reign In Blood

Slayer(スレイヤー)の3rd。アメリカのスラッシュ・メタル。

slayer_eign_in_blood.jpg
『Reign In Blood』(1986年発表)

久しぶりの更新。というのも、最近は新しいアルバムではなく、過去に聴いたアルバムを聴き返えすことが多く、特に中学・高校のときに最もよく聴いていたスラッシュ・メタルをよく聴いている。

そんな中、先週友人からスレイヤーのジェフ・ハンネマンが亡くなったというメールが届いた。毒蜘蛛に刺され治療を続けていたことは知っていたが、肝不全で亡くなったらしい。

スラッシュ・メタルというジャンルが登場した80年代当時、スレイヤーは最も速くノイジーなメタルを演奏していたと思う。特にこの『Reign In Blood』はスラッシュ・メタル、いやメタル史上燦然と輝く金字塔的作品だと思う。

速いだけ、うるさいだけのアルバムなら他にも沢山あると思うが、スレイヤーにはインテリジェンスがあった。ただ野蛮に勢い任せに疾走するのではなく、演奏の鋭さ、リフの豊富さ、予想を裏切る展開・構成。その人知をはるかに超える創造性、行き着くところまで行き着いた耽美な音世界に、我を忘れて熱狂したものだ。

このアルバムが無かったら、またスレイヤーというバンドがいなかったら、スラッシュ・メタルというジャンルはメタルの中の辺境として小さく成り下がっていたと思う。

ここ数日はジェフのギターを聴き返そう。

RIP


『Still Reigning - Reign In Blood live FULL DVD』(本アルバムを最初から通して全曲ライブ演奏。今聴いても凄い。あの頃と同じ気持ちになれる)

スポンサーサイト
アメリカ |

HOTTER THAN HELL

KISS(キッス)の2nd。アメリカン・ハード・ロック。

hotter_than_hell.jpg
『HOTTER THAN HELL』(邦題 『悪魔の叫び』)(1974年発表)

今度は久しぶりにアメリカ物を聴こうと思い、まだ記事にしていないアルバムはどれかな、と探しているとコレ、目に付いチャッタのよん~(シャララ~ラン♪)。

アメリカン・ハード・ロック界のドンが登場。

中学当時(80年代中頃)、日本語が入って得体の知れないジャケットが妙に恐ろしく、あまり聴いていなかったこのアルバム。CDで買い直してあったので、中学以来、かなり久しぶりに聴いてみた。

イギリスが“様式美”だとすると、アメリカは“ドライブ感”。このアルバム、その期待を裏切らない。

まだ 2nd だというのに、この風格は何でしょう。ワイルドかつハードに。やや奇天烈なジャケットとは印象が違う、正攻法のロックですね。“カッコイイ”という表現がよく似合う。他のアルバムも漁りたくなってきました。


2曲目「Parasite」(カッコいいゼ)


3曲目「Goin' Blind」


8曲目「Mainline」

アメリカ |

NANTUCKET SLEIGHRIDE

MOUNTAIN (マウンテン) の3rd。アメリカン・ハード・ロック。

英に”ZEPPELIN”なら、米にはこの”MOUNTAIN”か?

パワフル、そして主張がハッキリしている。こういうの聴くと、アメリカンだな、って感じがします。

冒頭、砂ぼこりが舞うような暴走音も見事ですが、2曲目にクラシカルな旋律に落ち込むところや、3曲目のどことなく懐かしい哀愁感がたまらなく良い。構成力の勝利ですね。

さらに、意外と聞きやすい。後半、アメリカらしく豪快、かつポップな味付けもあり気軽に聴ける。

マニアへの登竜門? ここから“その道”の世界に入るのもいいかも。


1曲目『Don't Look Around』 (フフフ…。スゲー)


2曲目『Taunta』~3曲目『Nantucket Sleighride』

『NANTUCKET SLEIGHRIDE』 (邦題 『マウンテン3 (ナンタケット・スレイライド)』)

(1971年発表)

テーマ:ハードロック - ジャンル:音楽

アメリカ |

KINGDOM COME/SIR LOAD BALTIMORE

SIR LOAD BALTIMORE の1stと2ndの2in1。アメリカン・ハード・ロック

流石アメリカン・ハード。豪快です。“豪快”と言う意味では、ブリティッリュよりアメリカンの方が一枚上ではないかと、このアルバムを聴いて感じる。

曲単位で聴くと、正直あまり印象に残らないが、兎に角この音。剛直なまでのブッといサウンド。質とかセンスとか言うより、(特に2ndの方は)全てを捻じ伏せるド迫力。

カツオの一本釣り。裸一貫、男祭り!

骨太です。


1曲目「KINGDOM COME」(なぜこの映像なのかよくわかりませんが、1曲目です。)

KINGDOM-COME-SIR-LORD-BALTIMORE.jpg

『KINGDOM COME/SIR LOAD BALTIMORE』

(1st 『SIR LOAD BALTIMORE』 1970年、2nd 『KINGDOM COME』 1972年発表)

テーマ:ハードロック - ジャンル:音楽

アメリカ |

ON TIME

GRAND FUNK RAILROAD (グランド・ファンク・レイルロード) の1st。アメリカン・ハード・ロック。

というわけで、先ほどいきなり引き合いに出された“GRAND FUNK RAILROAD”。野太い音に強靭なリズム。どんな障害も突破して行く様は、もうアメリカン。

ジャケットもらしい。爆弾持ってる? なんか良からぬ事を考えてる? 爆○3秒前!のようなスリリングな演奏!

アメリカはこうでなくっちゃ、と思わず唸る名盤(やはり単純…)。


1曲目 『Are You Ready』 (もしタイムマシンがあったら、私もこの観客の輪の中に入りたいのです…)

ON-TIME.jpg

『ON TIME』

(1969年発表)

テーマ:ハードロック - ジャンル:音楽

アメリカ |

LEVIATHAN

LEVIATHAN (リバイアサン) の唯一作。アメリカン・ハード・ロック。

アメリカといえば、カンサス、グランド・ファンク・レイルロードなんかを“典型”と思ってしまうが(単純!)、このアルバムを聴いていると底知れぬ奥深さを感じる。

あまりアメリカンな感じはせず、湿っぽさはブリティッシュ、大らかさはオージー、歴史を中世へと引き戻すメロトロンの洪水はユーロを想起する。

あらゆるものを生み出し、あらゆるものを吸収し吐き出す。底なし沼の大陸の恐ろしさ。

チェレステ”並みのメロトロン。メロトロン・ファンは必聴です。

LEVIATHAN.jpg

『LEVIATHAN』

(1974年発表)

テーマ:メロトロン - ジャンル:音楽

アメリカ |

POINT OF KNOW RETURN

KANSAS (カンサス) の5th。アメリカン・プログレ・ハード。

4thに比べ、ややコンパクトになったが命中度は増して来た。カンサスの本質は変わらず、雄大で広がりのある王道ロックを聴かせる。

4thから連続して聴くと、まるで大作映画を見たような心地よい疲労感。大きなうねりをもって、大航海時代へのロマンをかき立てます。


1曲目「POINT OF KNOW RETURN」 (オープニングのオーケストラ。凄いです。)

POINT-OF-KNOW-RETURN.jpg

『POINT OF KNOW RETURN』 (邦題 『暗黒への曳航』)

(1977年発表)

テーマ:プログレ - ジャンル:音楽

アメリカ |

LEFTOVERTURE

KANSAS (カンサス) の4th。アメリカン・プログレ・ハード。

こういうのも聴く(っていうかこれもれっきとしたプログレですが…)。

ブリティッシュとはまた違う、アメリカらしい豪快さ、スケールの大きさ。いきなり明るいコーラスから入るのもアメリカらしく、ブリティッシュやユーロ・プログレばかり聴いている耳には斬新に聴こえる。

ポップでキャッチーな曲が多いけど、最初聴いた時はマイナー・コードの連続で理解できない部分もあった。でもそこはプログレ。その“わかりにくさ”もいつか快感に変わるのです。


1曲目「CARRY ON WAYWARD SON」 (1976年のライブだそうです。)

LEFTOVERTURE.jpg

『LEFTOVERTURE』 (邦題 『永遠の序曲』)

(1976年発表)

テーマ:プログレ - ジャンル:音楽

アメリカ |

KICK OUT THE JAMS

MC5 の1st。アメリカン・ガレージ・パンク。

これは、とにかく音の暴風雨です。油断していると吹っ飛ばされて、訳分かんなくなります。

基本はガレージ・パンクだけど、ハード・ロック的リフや、サイケな雰囲気もある。そんなのがゴッチャとなって、ひたすら突っ走る。

80年代以降のメタル系の音と比べたら“騒音度”は低いのかも知れませんが、1969年と言う時代、そしてこのほとばしるパッションを聴いたら、もう平伏すしかありません。


1曲目「Ramblin' Rose」

KICK-OUT-THE-JAMS.jpg

『KICK OUT THE JAMS』

(1969年発表)

テーマ:ハードロック - ジャンル:音楽

アメリカ |

NEAR THE BEGINNING

VANILLA FUDGE (ヴァニラ ファッジ) の4th。アメリカン・アート・ロック/へヴィ・サイケ。

ドロドロ溶け合いながらも、しっかりと角がある、意外と硬派なサウンド。けど非常に難解。最初2,3回聴いても、何やってるのかわからなかった。そして今聴いてわかったことは、このアルバムは

“魔界へと誘う扉”

ラスト4曲目、20分を超える「Break Song」を最後まで聴けたあなたに、魔界への片道切符を送ろう。


1曲目「Shotgun」 (これも濃い! けど、この歌は一番分かり易いです。)

NEAR-THE-BIGINNING.jpg

『NEAR THE BEGINNING』

(1969年発表)

テーマ:サイケデリック - ジャンル:音楽

アメリカ |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。