プログレを語ろう!

プログレ、60~70年代ハードロック、その他好きなアルバムを気ままに語っていきます。

REGRESO AL ORIGEN

GRUPO CIRUELA (グルーポ・シルエラ) の作品。何作目かは不明。メキシカン・サイケ・ハード。

いきなり、シャウトから歪んだギターのオープニング。これはもう良盤の兆し。

スイングしたりブルージーになったり、ハードロックにロックンロール、さらには唾吹きフルート、ツインギター、アコギ、アメリカンなハーモニカなど、まさに雑食、常に的を外し続ける。

6曲目 「Despertar」 の、ベースソロからドラムソロに行くその構成が見事。クリームもフリーもパープルもZepもビックリです。


1曲目「Padre」


3曲目「Regreso Al Origen」


4曲目「Nada Nos Detendra」

REGRESO-AL-ORIGEN.jpg

『REGRESO AL ORIGEN』

(1973年発表)
北中米(その他) |

LA ONDA DE THE SURVIVAL

SURVIVAL の作品(何作目とか、もはやワカリマセン)。メキシコのアシッド・ロック/サイケ・ハード。

なんだか得体の知れないものがあったので、買ってみました。メキシコのサイケだそうです。

結構正統派ね。こんなもん正統派だなんてどうかしてるが、なかなかしっかりとロックしてい・・・ると思います。

(気の抜けた)モロ・ブルースもあり“なんで?”って感じだけど、折角の脱力系うるさ型ファズ・ギター。コンパクトにまとまろうとしないで、もっと逸脱したら名盤(迷盤?)だったかも。

最初はワクワクだが、だんだんと力なくなるのがB級の痛痒くて気持ちイイ?ところです。

↓(あっ、ありましたゼ…)

9曲目「Nothings Monumet」


3曲目「What The World Need Is Union」(ジャケット裏側。この絵は怖いです…)

『LA ONDA DE THE SURVIVAL』

(1971年発表)

テーマ:サイケデリック - ジャンル:音楽

北中米(その他) |
| HOME |