プログレを語ろう!

プログレ、60~70年代ハードロック、その他好きなアルバムを気ままに語っていきます。

Reign In Blood

Slayer(スレイヤー)の3rd。アメリカのスラッシュ・メタル。

slayer_eign_in_blood.jpg
『Reign In Blood』(1986年発表)

久しぶりの更新。というのも、最近は新しいアルバムではなく、過去に聴いたアルバムを聴き返えすことが多く、特に中学・高校のときに最もよく聴いていたスラッシュ・メタルをよく聴いている。

そんな中、先週友人からスレイヤーのジェフ・ハンネマンが亡くなったというメールが届いた。毒蜘蛛に刺され治療を続けていたことは知っていたが、肝不全で亡くなったらしい。

スラッシュ・メタルというジャンルが登場した80年代当時、スレイヤーは最も速くノイジーなメタルを演奏していたと思う。特にこの『Reign In Blood』はスラッシュ・メタル、いやメタル史上燦然と輝く金字塔的作品だと思う。

速いだけ、うるさいだけのアルバムなら他にも沢山あると思うが、スレイヤーにはインテリジェンスがあった。ただ野蛮に勢い任せに疾走するのではなく、演奏の鋭さ、リフの豊富さ、予想を裏切る展開・構成。その人知をはるかに超える創造性、行き着くところまで行き着いた耽美な音世界に、我を忘れて熱狂したものだ。

このアルバムが無かったら、またスレイヤーというバンドがいなかったら、スラッシュ・メタルというジャンルはメタルの中の辺境として小さく成り下がっていたと思う。

ここ数日はジェフのギターを聴き返そう。

RIP


『Still Reigning - Reign In Blood live FULL DVD』(本アルバムを最初から通して全曲ライブ演奏。今聴いても凄い。あの頃と同じ気持ちになれる)

アメリカ |
| HOME |